現在も人気が衰えることなくカリフォルニアワインが注目を浴びるきっかけとなったワイン「オーパス・ワン」は、ワインファンならずとも一度は味わってみたい憧れのワインではないでしょうか。オーパス・ワンの人気の秘密に迫りましょう。

高級赤ワイン「オーパス・ワン」とは?

1979年ファーストヴィンテージとして世に送り出された、今なお垂涎の的のカリフォルニア産高級赤ワインです。
カリフォルニア州ナパ・バレーで生まれたスーパープレミアムワインは、この土地に魅せられた、フランスのワインの巨匠バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドとアメリカの重鎮ロバート・モンダヴィが手を組んで「ボルドーに匹敵する味わいの高級赤ワイン」をコンセプトにブドウの栽培が始まりました。
アメリカ西海岸の肥沃な土地と気候風土は、フランスボルドーに匹敵する程ワイン生育に恵まれた環境で、豊かな恵みのしるしとしてこのワインを育みました。

オーパス・ワンは、なぜここまで人気なのでしょうか?

オーパス・ワンにそれほど関心がない人が、オーパス・ワンを飲んだことがある人(40代男性)に、どんなワインだったか感想を聞いてみたところ「スルスル飲める味の赤ワイン」という答えが返ってきたそうです。
評判の赤ワインでカリフォルニア産ということから、重厚な感じが全面に出ているのかと思いきやそうでもないようですね。飲みやすさがあることと、食事に合わせやすいことも人気の理由かもしれません。
印象では、飲んだ人それぞれが、オーパス・ワンを味わったその時間の記憶を大事にしていて、とても感動しているという点が共通しているようです。ここが興味深いところですね。
また、世界に数多あるワインの中で、オーパス・ワンは突出して基本コンセプトがよくできており、ビジネス面からも注目できる点の多いワインのため、ワイン好きな女性だけからだけでなく、幅広い年代の男性やビジネスマンから支持を集めていることも特長かもしれません。
ワインが出来上がるまでのストーリーを知り、飲んだ人のシチュエーションを聞くと、両方のストーリーが織りなすイメージが生まれ「一体どんなワインなのだろう?」とイメージが喚起されるような不思議な存在のワインがオーパス・ワンなのではないでしょうか。
決して安いワインではないのに、仕事をがんばって一度味わってみたいと思わせるような憧れが伝わってきて、人気を後押しするひとつの理由なのではないでしょうか!?

オーパス・ワンを楽しむシーンは?

大手ワインショップのイオンでは、オーパス・ワンのセカンドラインで、あまり生産されていないオーバーチュアが本体価格29,800円でお取り扱いがあるようです。

普段ワインを飲んでいない方も、素晴らしい一本からオーパス・ワンの秘密に足を踏み入れて余韻を味わってみませんか?