ヴァラエタルワインということばを耳にしたことはありますか?チリワインの表示にもあてはまるということのようですが、一体それはどういうことを指しているのでしょうか?ヴァラエタルワインについて探ってみましょう!

ヴァラエタルワインって?意味は?

ヴァラエタルワイン(Varietal wine)とは、ワインのラベルにブドウの品種名が表示されたワインのことです。ニューワールド(新興国)のワインで多く見られるといわれています。
現在、アメリカをはじめ、チリ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどのワインでは主流になってきつつあります。

ヴァラエタルワインが生まれることになったきっかけは?

フランスのワインは、ワイン法によりその土地で使用できるブドウ品種や製法が決まっています。
このため、地名を表示すればブドウ品種も分かるとされています。
こうした理由から、ラベルには地名だけが表示されブドウ品種名は表示されていないのが一般的で、
実際にフランスのワインのボトルを見ると、ブドウ品種名の記載はなく、裏を見たり探したりすることも多いのではないでしょうか。
(※この時に、他のワインではラベルは普通に必要事項を読んで理解できたはずだけど・・・、と経験上気づく方も多いと思います。)
しかし、一般の人々が必ずしもそうしたワインの基礎知識を持っているわけではないため、わかりにくい!といった声もやはりあったようなのです。
そうした中、アメリカのカリフォルニアでは、ワインに精通していない一般消費者にも「一目で分かりやすい」ブドウ品種名を表示したワインが現れました。
それが、ヴァラエタルワインと呼ばれるようになり、分かりやすさから人気が出たという訳なのです。

ワインのボトルを横に並べてみるとワインのことが分かる!

飲んだ後のワインのボトルですが、捨ててしまう前に並べてみると意外と分かることがあります。
まさに、ニューワールドワインは、全く知識がなくても、ラベルにブドウ品種名の記載があるので、分かりやすいのです。もちろん値段も手頃ですね。
おそらく、初心者のうちに、比較的分かりやすさのあるワインを続けて飲んでみて、それに慣れた頃にフランスのワインのラベルを読むという逆のことをすれば、ラベルを読むことはそれほど難しいことではなく、むしろ面白いようにワインの味のイメージが湧いてくると思います。
難易度の高い、フランスのワインから理解を得ようとすると、知識はつくのですが実際に飲んで楽しむことが疎かになりがち。チリのワインは、もともとそのような難しさの位置づけのものではないので、だいたいどんなワインか分かればOKぐらいを目安に楽しんだらいいのではないでしょうか!