チリワインを選ぶ際、何から選んでいいか分からないときは、手頃で人気な銘柄から!おなじみの銘柄のアルパカについて迫ってみましょう。

アルパカってどんなワイン?

アルパカは、サンタ・ヘレナ・アルパカとして「誰かにすすめたくなる、極旨チリワイン」のコンセプトの、チリワインの中でダントツ人気No.1ワインです。ラベルにプリントされた首が長いアルパカが可愛いですね。
各ブドウ品種のラインナップ構成で、現在14種類シリーズでアサヒワインから発売されています。

アルパカはどんなブドウ品種から造られたワイン?

サンタ・ヘレナ・アルパカは、ブドウ品種の個性を活かしながら、バランスが良い味わいのワインを造り出しています。チリのセントラル・ヴァレーを中心に自社畑や契約農家と取引しています。
プレミアムシリーズは、赤はカベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、白はシャルドネです。
その他の人気シリーズは、赤はピノ・ノワール、シラー、カベルネ・メルロー、カルメネール、白はシャルドネ・セミヨン、ソーヴィニヨン・ブランとロゼです。
スパークリングは、白とロゼがあります。
また最近、オーガニックシリーズの赤と白が追加されました!

アルパカはどこで売っていますか?

アルパカは、おなじみの大手スーパーのワインコーナー、酒店、インターネットワインショップなど一番手にとりやすいよく見かける銘柄です。
現在、スティルワインとスパークリングワイン、それぞれのハーフサイズも取り揃えられており、様々なシーンに合わせてセレクトすることが出来ます。

アルパカのお値段は?

チリのワンコインワインの一番人気といっても過言ではないアルパカシリーズ、プレミアム(カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ)とスパークリングが希望小売価格(本体価格)1,080円で一番高く、
その他のタイプは660円です。
スーパーに並んでいるお値段では500円台であることが多い印象ですので、大量仕入れなど時期によってさらにお手頃価格で発見できるかもしれませんね!