多くの美味しいチリワインはどのようなブドウ品種から生まれているのでしょうか?チリワインのブドウ品種について迫ってみましょう。

チリのブドウ品種はフランス系品種がメイン

チリは、フランスからワイン造りの技術移転がされたため、主にフランス系の国際品種が多く栽培されています。特に全生産量のうち75%が赤ワイン用品種です。

健康なブドウが育つ気候風土

雨量の少ないチリでは、ブドウの病害発生リスクも少ないため、多くが無農薬で生産されています。
オーガニック生産者(自然派ワイン)といった言葉がありますが、チリでは当たり前のように浸透しており、あえてオーガニックを名乗らない生産者も多くいます。
温暖な気候下では、完熟したブドウが収穫できます。完熟ブドウからはアルコール度が高くパワフルなワインが作られる反面、こうしたブドウから作られるワインには独特のミントのような香りやピーマンの青臭さを感じることがあり、時に「チリ臭」などと揶揄されてしまうことがあります。
こうしたことから、近年では冷涼な気候を求めて標高の高いエリアでのブドウ畑の開墾も進んでおり、より洗練された高品質のワインも作られるようになっています。

ああ勘違い・・・、カルメネール

カルメネールは、チリならではの独自ブドウ品種としても注目されています。
元々はボルドー原産の黒ブドウ品種で、19世紀のヨーロッパで流行したフィロキセラ害において絶滅したと考えられていました。
しかし同じ頃にボルドーからチリに移植され害を逃れていたのですが、チリでは長くメルローと勘違いされていたために、すっかり消滅してしまったと考えられていたのでした。
それが近年になってDNA検査によってチリで現存していることが確認され、現在ではチリ独自品種として売り出され、人気も高まっています。

チリの主要なブドウ品種

黒ブドウ品種

カベルネ・ソーヴィニョン

主にフランスボルドー地方で栽培される黒ブドウ品種で、酸味と渋みが豊富なパワフルなワインを生み出します。チリ国内では生産量第1位を誇るブドウ品種です。

メルロー

同じく主にフランスボルドー地方で栽培される黒ブドウ品種で、濃厚ながら滑らかなワインが作られます。チリ国内生産量第2位の品種です。

カルメネール

フランスボルドー地方が原産で、現在チリの独自品種として注目を集めています。エキゾチックな香りが印象的な独特の赤ワインが造られます。

ピノ・ノワール

最近は冷涼な気候を活用して、洗練された味わいのピノ・ノワールも栽培されています。

白ブドウ品種

ソーヴィニョン・ブラン

主にフランスボルドー地方で栽培される白ブドウ品種で、温暖なチリでは、ボルドー地方のものより柑橘系のニュアンスの強いワインが作られます。白ブドウではチリ国内の生産量は1番多いです。

シャルドネ

主にフランスブルゴーニュ地方で栽培される白ブドウ品種で、温暖なチリでは、トロピカルフルーツのニュアンスが強いワインが作られます。

リースリング

少数ではありますがドイツワインに多いリースリングも栽培されています。